今更ですが・・・

今更ですが、当ホームページに下記のリンクが貼られているのはご存知ですか? このホームページを公開してから10年程になりますが、その当初から設定されていますので(一部追加あり)、皆様ご承知の事と思いますが、一部ご存じない会員もおられますので、改めてご案内しておきます。

HPの右サイドを少し下にスクロールして頂くと、「ブログロール」というコーナーが有ります。「同好会」始めそれぞれ縁も深く、参考になるリンク先と思いますので、ご活用頂ければ幸いです。(一応リンク可、又はリンクフリー確認済)

(1)「同志社山岳同好会ブログ」(2)「同志社山岳同好会ホームページ」(3)「国土地理院」(4)「山の音楽(MIDI)アルバム」(5)「日本地図センター」(6)「日本山岳会」 以上

DCAC「運営委員会議事録」(2021.3.20)WEB会議

2020年度第2回のWEB会議を下記の通り開催しました。詳細は「運営委員会議事録」をご参照下さい。

(1)日時:2021年3月20日(土)20:00〜22:00

(2)場所:各委員の居宅にてWEB会議

(3)参加者:河村、福谷、下山、稲垣、高橋、藤岡、奥村、佐藤、海老名、          (敬称略) 議事録記録:藤岡

(議事概要)

1.2022年総会にまつわる行事について

2.役員改選について

3.DCAC[会則」の改定について

4.会計支出基準の文章化について

5.名簿の整理

6.「会報」発行等スケジュール

7.その他報告

次回のWEB会議は、4月24日(土)20:00〜22:00の予定。

 

 

 

DCAC「運営委員会議事録」(2021.2.22)

遅くなりましたが、2.22「Zoomミーティング」リモート方式による「運営委員会議事録」をUPします。

2020(R2)年度では初めての運営委員会で、慣れないリモート方式による会議だったが、現役(DAA)2名を含め16名の参加を得て実りある討議、報告が出来た。

主に、本年度の「活動報告」、「会計報告」、及び次年度 2021(R3)の「運営委員会・役員改選」、「活動予定」、過去の「会計推移」等を協議検討し、過去の「総会」他記念式典の費用、実施概況が報告され、来るべき2022年度(R4)の総会の準備、前夜親睦会開催の可否等について討議した。

現役(DAA)からも本年度及び次年度の「活動報告、予定」等が報告された。永年未改定の「DCAC会則」については、今春を目途に見直し案を起草し、然るべき検討を経て、来春総会での改変・承認を得る予定である旨報告された。

主な役員の変更点として、「現役監督」に従来の小川、佐藤、荻原の各氏に加え、新たに14期生の海老名仁氏が主監督として就任する旨承認された。

「議事録」、「2021年度役員名簿」、「総会時役割分担表」を「運営委員会」欄に添付しておりますのでご参照願う。(パスワード要)

次回運営委員会2021年3月20日(土)20:00よりリモートにて実施。(別途、海老名委員より各委員宛てご案内します。

「DCAC運営委員会」(リモート)開催のご案内

「DCAC運営委員会」委員各位

皆様、時節柄大変な隠忍自重の時をお過ごしの事とお察し致します。       DCACにおきましても、長引くコロナ禍の影響で、永らく各種行事や打合せの開催ができずにおりましたが、この度、「運営委員会」を開催する事となりました。    とはいえ、直接対面することは「三密」の観点から避けざるをえず、以下の要領で開催致しますので、委員の皆様は奮ってご参加下さい。

(1)開催日時:2021年2月22日(月)20:00〜20:45

(2)場 所 :各自の部屋(PC、スマホ画面、「ZOOM」による会議。)

(3)要 領 :参加できる各委員には、別途メールにて詳細を連絡。(藤岡委員)

(4)議 題 :「DCAC60周年行事」「年間行事予定」「R2~3年度会計報告」他

藤岡委員から委員宛てメールにて参加の可否問合せをしておりますが、皆さんの元気な顔を拝見したいとの思いも強く、是非ご参加の程お願い致します。

最後になりましたが、会員の皆様、どうぞくれぐれもご自愛の程宜しくお願い申し上げます。

 

 

新年明けましておめでとうございます。

令和三年、新年明けましておめでとうございます。
昨年はコロナ禍で世界的にも未曾有の厄災を被り、今後も尚予断を許さない状況で、只管身を縮めて、有効なワクチンの開発、敷衍を待つしかないのが現状でしょうか。
ただ、この鬱屈した刻を如何に過ごすかで、飛躍への雌伏とするか怠惰の淵に沈むかが決まると言っても過言ではないと思います。
目標と計画と決意を持って、一歩踏み出して頂く事を願わずにはおられません。

「DAA・DCAC懇親キャンプ」計画中止

幹事(DCAC運営委員)の藤岡氏から標記計画中止の連絡がありました。

「新型コロナウイルス感染拡大」により、同志社大学も卒業式、入学式共に中止となり、学生間の当惑、混乱も相当なものと推察しますし、世界保健機構(WHO)は3/11「パンデミックと評価」と発表し、日本政府も今後10日程度の自粛を延長する旨、要請するといった現状では当然の判断と思います。

ただ、「コロナ禍」が一段落した時点で、再度同様の企画を立案できればと思いますし、これに懲りず、できたらより広く参加者を募って、再開出来ることを祈念致します。ともあれ、開催に向け奔走してくれた藤岡幹事、ご苦労様でした。

「DAA・DCAC懇親キャンプ」計画

会員の皆様、お元気でお過ごしの事と拝察致します。暫くPCの調子が悪い事もあって、発信が滞りがちでご迷惑をお掛けしておりますこと、お詫び申し上げます。

さて、運営委員の藤岡淳一氏が、標記の件で運営委員と現役を中心に計画を推進してくれており、遍く皆様には連絡はしておりませんでしたが、大変意義深い催しと捉えており、今後、継続的に広く参加者を募って開催する機会になればとの思いを込めて、ご通知申し上げます。


(1)日 時:3月21日(土)〜22日(日)、(3/21 12:00 新町BOX集合。)

(2)場 所:京都市右京区鳴滝沢・沢の池にてキャンプ

(3)目 的:DAA20年度新体制に向け、DCAC役員とDAAメンバーとの懇親を図り、焚火を囲みDAA「山の歌」を伝承する機会にする。

※現在、DCAC及びDAA現役を合わせ、15名程度の参加を予定しています。

幹事:75年度 藤岡 淳一 氏

以上

 

 

 

 

DCAC忘年会(なら支部)のお知らせ

恒例になっている、関西(なら支部)の忘年会のお知らせです。

あまり日程的に余裕がありませんが、奮ってご参加下さい。

1.日 時: 12月05日 午後6時
2.場 所:東大阪、石切 ホテルセイリュウ  東大阪市上石切町1-11-12
(TEL)072-981-5001
3.会 費:6,000円

詳細は「伝言板」にてご確認頂き、申し込みは伝言板か、幹事の本多邦一氏宛て 直接 12月3日までにお申し込み下さい。

 

令和元年度「関西地区・夏の集い」開催のお知らせ

「関西地区・夏の集い」のお知らせです。 昨年の夏より、開催場所を従来の大阪から我々が巣立った、京都、同志社の地に移して開催しましたが、参加者も従来の倍近くに増え、再度同様の催しを持って欲しいとの希望が多かった為、出来れば恒例化したいと考えています。

ただ、会場を予約するには、一定数(30名以上)の参加者が必要とされますので、皆様お誘い合せの上、是非奮ってご参加下さい。

概要は以下の通りですが、詳細は「あくびのおと」「伝言板」をご参照下さい。

(1)日 時:8月31日(土)
(2)場 所:同志社 寒梅館7F 「WILL

※幹事は、福谷博夫氏(70年度)で、詳細は別途ご連絡致します。

「白馬山菜狩り」のお知らせ

恒例の「白馬山菜狩り」のお知らせです。

谷岡幹事によれば、今春の異常気象により、山菜も乱調をきたしているようで状況が読めないが、場所時期とも従来と変えてトライしたい、とのこと。
期待はこごみ、うど、ふき、ボンナ、コシアブラ他

*長靴の持参をお願いします。
(1)場所:小谷雨飾山麓
(2)日時:5月18日(土) → 6月1日(土)8:30昇盛館集合
          18日1日夜は山菜尽くしの宴会?

参加の方は「伝言板」の谷岡幹事のお知らせに申込み、又は谷岡幹事宛て直接連絡お願いします。

尚、宿泊については、各自昇盛館へ申し込みください。TEL0261-72-2169

訃報連絡

訃報連絡です。

59年度の白木雷造さんがご逝去なされました。

昨12月8日(土)、1年半に亘る闘病生活の後、お亡くなりになりましたが、奥様より「生前はお世話になり有難うございました」とのご挨拶がありました。(70年度下山氏より)

氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

訃報連絡

訃報連絡です。

58年度の木下政明様が12月19日ご逝去なされました。

弔問された同期の奥田様、因幡様のお話では、「1か月前より心臓が不調になり医者に掛かっておられたが、ニトロも間に合わない程の急な発作だった模様で、急な旅立ちとなってしまった」との事です。(57年度の萱野様からの情報です。)

「ウマさん」との愛称で親しまれてきた木下様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

間もなく激動の平成が新しい年号に変わり、新しい時代が始まります。

渓を流れ去る激流の如く、社会システムや時の移ろいが凄まじく感じられるこの頃

ですが、皆様、どうぞ着実に自分の課題、目標の実現を目指して、着実に足場を固め

て欲しいと願います。

本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。